ほんのり立ち寄ったカフェにライ麦パンという少々物珍しいパンが売っていたのでまだまだ買ってきて食べてみました。

装いは普通の食パンよりも僅か彩りが灰色というフィーリング。
食べると、普通の物質よりもパンが乾燥している感じでぱさぱさリミットる触感が特徴的でした。
テーストについては専ら食べると、ずばり麦って感じのテーストが伝わってきて甘みはそこまで手強いような感じです。
焼いてみると一層乾燥した触感がグングン楽しめるものであり、乾燥しているパンがお色恋にはよりおすすめです。
私はこちらにジャムを塗って食べましたが、かなり口の間がの水分がなくなる感じがするものですから、水はニーズでした。

邦人には少しなじみが無く、場違い可能性もあるかな?というフィーリングもライ麦パンにはありますが、
どうにも食さない物珍しいパンだっただけに、なかなか楽しめました。個人的には美味しかっただ。
ちょい遠くにあるおサロンでしたが、また買いに行こうかなと。敏感肌 黒ずみ