Month: 1月 2017

旦那とこちらは、いま、3LDKに住ん現れるも同一

3座敷借りて要る。
1座敷が彼氏の長年の建物。近くに引っ越してきたこちら。
それから私の横の座敷の収納。
彼氏は最近、お洒落我が家にお洒落部屋を定めることに夢中になっていて、張り切っている。
私も負けずに、座敷を片付けてみた。
でも鞄はいらなかったかな。
おかげで、座敷が片付きだした。カーテンを全開にするようになったので、太陽が挟み込む。
ここってこんなにも日当たりが良かったんだって再確定。
こちらは必ず、ここに常に住みたい。
こういう座敷が贔屓。だからここでずっと住みたい。
彼氏と結婚もしたいけれど、何となく難しい。
民家が好きだから、結婚できないなんて店、あるのかな?
離隔婚感じだからなあ。
今は、今も一年中あっていて、結婚してある感じだからなあ。
私も負けずに片付けた。そしたら、靴下が完了できた!
片方の靴下だけ、残っていたのだった。それが揃ったので洗濯した。
そしたら、脱衣点の床が見えた。だからスリッパも捨てた。脱毛ラボ vio脱毛

今話題のイクメンについて考えてみました。

イクメンという声明、一度は聞いたことがある人が多いと思います。
ですが、あなたの周りにいますか?イクメンの旦那様。
カップルの赤ん坊なのに、何故か養育は女房だけの販売というのが一般的だと思います。
養育を頑張っているの女房はたくさんいるのに、おとうさんは養育に参加するだけで賞賛されイクメンと呼ばれるようになります。
そして、我々はそんな養育に積極的なおとうさんに依然出会ったことがありません。
周りのそれぞれにも間近にもいないので、一体どこにいるのだろうと不可解で仕方ないだ。
そして、どうしてあんな声明が出来たのかも全く気になります。
仮に、自分もイクメンと呼ばれたいという気持ちだけで、養育に積極的に生まれ変われるのなら素敵な声明ですなと思います。
おとうさんがもっと養育に関心を持ち、多少なりとも女房の心配を減らしてやると、養育も楽しくなるのになときつく思います。
イクメンブームに跨るおとうさんがより増えることを密かに願っています。http://www.lamphost.biz/